Blogブログ

2017.03.01 わかりやすい下肢静脈瘤の教科書

なぜ血液が渋滞するのか?

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

心臓から送り出された血液は、栄養や酸素を豊富に含んでおり真っ赤な色をしています。

足の先まで栄養と酸素を運んだら、血液は足から出たゴミ(老廃物)を回収して心臓に戻ります。

帰り道を「静脈」といいます。

したがって、静脈を流れる血液は老廃物で汚れているのです。

血液は静脈を通って心臓に向かって上に登っていきますが、重力で落ちてきてしまいます。


そこで必要なのが、静脈の逆流防止弁です。

静脈には数センチおきに弁がついており、

一度登った血液が重力で下に落ちないようにしています。

ところが、妊娠・出産や、立ち仕事、遺伝などの原因で

静脈の逆流防止弁がダメになってしまうことがあります。

すると、一旦登った血液がまた下に落ちてきます。

心臓は絶え間なく動いていますので、

後からあとから下から血液がやってきます。

すると、エスカレーターのドミノ倒しのような状況となり、

血液が渋滞を起こすようになるのです。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝