Blogブログ

2017.03.04 わかりやすい下肢静脈瘤の教科書

血液の渋滞を解消するにはどうすればいいか?

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

逆流防止弁の壊れた静脈は、安全ストッパーの壊れたゲレンデリフトのようなもので、スキーヤーは山の上に向かって登ることができません。
リフト乗り場は大渋滞です。

では、この状況を改善するにはどうすればよいか?
本物のスキー場にはリフトがいくつもあるように、人間の足にも静脈は複数存在します。
壊れたリフトではなく、正常に作動するリフト乗り場にスキーヤーを誘導すれば、スキーヤーは山の上に登ることができるようになります。
これを静脈にあてはめると、逆流防止弁の壊れたダメな静脈には血液が行かないようにすれば、血液はちゃんとした静脈に流れ込み、心臓に帰ることができるのです。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝