Blogブログ

2017.03.08 Q&A

Q&A 静脈を焼いても大丈夫なの?

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

下肢静脈瘤の病気の本質は、

静脈にある血液の逆流を防ぐ弁がダメになり、足に血がたまる(渋滞する)ことです。

足に静脈血がたまらないようにするためには、

交通渋滞の原因となる静脈を「通行止め」にしてしまうことです。

その方法には2通りあります。

ひとつは、熱やレーザーによってダメな静脈を焼いて閉塞させてしまう方法。

もう一つは、ダメな静脈を切って取り除いてしまう方法です。

方法は違えども、

「ダメな静脈に血液が入れなくすることで、逆流も起こらないようにする」

という点ではどちらも同じです。

するとここでご質問をいただきます。

「足の血管に血が流れなくなっても大丈夫?足は腐らない?」

大丈夫です。

足の静脈は1本だけではありません。

逆流防止弁がダメになった静脈を1本閉塞させたくらいで困ることはありません。

 

会社の組織に似ているかもしれません。

組織が一つの方向に向かって進んでいくときに、

一人だけ組織の方針に逆行するメンバーがいると組織に混乱を引き起こしますね。

ちなみに、ダメになった静脈弁は治りません。

ではどうするか?

去っていただくしかありません。

いなくなって困らない?

困りません。

同じです。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝