Blogブログ

2017.04.05 わかりやすい下肢静脈瘤の教科書

血管内治療後の通院

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

日本静脈学会の「下肢静脈瘤に対する血管内治療のガイドライン」では、

術後72時間以内に静脈の閉塞と血栓の有無を超音波検査で確認する」となっています。

したがって、術後3日以内に1回目の診察にお越しいただくことになります。

その後の通院については、医療機関によってマチマチです。

当院では、

2回目の診察・・・1か月後(抜糸のある方は1週間後)

3回目の診察・・・3か月後

4回目の診察・・・半年後  を目安としています。

なぜ6か月後まで経過を見るかというと、

3か月目まで順調に経過していても、6か月目に再発を認めた患者さんがいらっしゃるからです。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝