Blogブログ

2017.04.24 わかりやすい下肢静脈瘤の教科書

血液はどうやって足から心臓に帰るの?

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

血液の流れをスキーに例えるなら

「スキーヤー」=「血液」

「ゲレンデ」=「動脈」

「静脈」=「リフト」

「心臓」=「山頂」  といった感じでしょうか。

リフトに相当する静脈が、血液を山頂である心臓に押し上げるには、エネルギーが必要です。

3つのエネルギー

1.呼吸による血液の吸い上げ

2・筋肉のポンプ作用

1と2がリフトの動力源となります

 

3.動脈からの押し上げ

山頂から次々とスキーヤーがリフト乗り場まで滑り降りてきます。

そして、リフトに乗ろうと前に並んで待っているスキーヤーのことを後ろから押すのです。

人間だったら嫌ですよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

下肢静脈瘤専門クリニック 目黒外科

保険診療が受けられます

血管内焼灼術 ストリッピング 静脈瘤切除術 硬化療法 豊富な診療経験をもつ下肢静脈瘤血管内焼灼術の指導医が診察します

JR山手線 東急目黒線 東京メトロ南北線 都営三田線 目黒駅 徒歩30秒

目黒駅までは都営バス、東急バスのご利用も便利です

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝