Blogブログ

2017.08.29 写真で見る治療経過

【経過報告】 足のこむら返りにお悩みの患者さん

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

よく足がつるので、お困りの患者さんです。

左足の血管が浮き出ており、クネクネと曲がっています。

 

超音波検査では、クネクネと曲がっている血管(左大伏在静脈といいます)に逆流を認めました。

 

血液の逆流を止めるため、レーザー焼灼術を行いました。

 

術後1か月目写真です。

浮き出てクネクネ曲がっていた血管が目立たなくなりました。

治療後は足が全くつらなくなりました。

満足度★★★★☆

 

 

静脈弁が壊れて血液の逆流が起きると、足に血液中の老廃物が溜まってしまいます。

足のこむら返りは足に老廃物が溜まったことが原因と考えられます。

足の静脈瘤でお悩みの方は、深夜から明け方にかけて、寝ているときに足がつることが多いです。

もしご自身にも症状が当てはまるようでしたら、一度超音波検査を受けてみると良いでしょう。

 

 

下肢静脈瘤専門クリニック 目黒外科

下肢静脈瘤血管内治療指導医 齋藤陽

目黒駅前 徒歩30秒

日曜診療

保険診療

予約制

レーザー 高周波 ストリッピング 硬化療法 高位結紮術 弾性ストッキング

東京都品川区上大崎2-15-18目黒東豊ビル6階

03-5420-8080

品川区 目黒区 世田谷区 港区 渋谷区 大田区 東京 八王子市 府中市 川崎市 横浜市 埼玉県 福島県 中国 韓国

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝