Blogブログ

2019.11.02 Q&A

【Q&A】下肢静脈瘤の手術当日はどのくらい動いてよいでしょうか?

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

「下肢静脈瘤の手術を受けた当日は、どれくらい動いてよいでしょうか?」

多くの患者さんからこのようなご質問を受けます。

下肢静脈瘤の手術のあとは、足に包帯を巻いた状態で家に帰ることになります。

こんな感じです。

 

この包帯は翌日まで取ることができません。

したがって、まず入浴・シャワーは禁止です。

翌日に包帯が取れますので1日だけご辛抱ください。

 

自転車をこぐと包帯がずり落ちてしまいますので、自転車も禁止です。

 

あとは特に禁止事項はありませんので、炊事・洗濯・買い物などの日常生活は通常通りにお過ごしください。

デスクワークの方はお仕事に行かれても構いません。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝