Blogブログ

2020.03.07 お知らせ

頸動脈エコー検査のススメ

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

頸動脈エコー検査のご紹介です。

頸動脈は首を流れる動脈です。この頸動脈をエコー検査(超音波検査)で調べるものです。

なぜ頸動脈の動脈硬化を検査することが大切なのでしょうか?

首の上には脳があり、首の下には心臓があります。

脳と心臓は生きていくために最も大切な2つの臓器です。

その大切な脳と心臓が動脈でつながっているのです。

その中間に位置する頸動脈にコレステロールがたまって狭くなっていたら、どうなるでしょうか?

全身に同じドロドロの血液が流れているわけですから、頸動脈のすぐ近くにある脳や心臓の動脈がつまりやすくなります。つまり、脳梗塞や心筋梗塞になる危険性が高くなるのです。

もし頸動脈にコレステロールがたまって狭くなっている部分があれば、コレステロールを下げるお薬や血液をサラサラにするお薬を飲んだり、動脈硬化の原因となる高血圧や糖尿病、喫煙、運動不足や肥満など生活習慣病に対する管理が重要となります。

軽度動脈は体の表面から比較的浅いところを走っており、エコー検査で観察しやすいので、動脈硬化の程度を評価するのにとても便利です。しかも、エコー検査はレントゲンのように被ばくすることもなく、痛みもないので体にも優しい検査です。

検査時間は10分程度で終わります。

 

 

 

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝