写真で見る治療経過 | ブログ

  • WEB予約

クリニックブログ

Blog

【治療経過】足のだるさや重さに悩んでいた患者さんはどうなったか

右足のだるさと重さを訴えて来院された患者さんをご紹介します。 (患者さんご本人に了承をいただいています)   右ひざからすねにかけて、血管が浮き出ています。このボコボコ浮き出ている血管を静脈瘤といいます。   エコー検査では右大伏在静脈の逆流を認めました。 足の重さやだるさを自覚するようになったのは、静脈の逆流により足に老廃物が溜まっていることが原因と考えられました。 そこ...

続きを読む

【治療経過】足の重さ だるさ 運動部の練習中に足がつる という患者さん

普段から左足が重くてだるい、運動部の練習中に足がつりやすいという学生さん。 左足のすね~ふくらはぎに静脈瘤を認めました。   超音波検査では左小伏在静脈に逆流があります。     静脈の逆流を止めるためにレーザー焼灼術を行いました。 静脈瘤は皮膚を1-2ミリ切開して切除しました。   術後は一時的にアザができますが、2週間あれば自然に消えていきます。 ...

続きを読む

【経過報告】 足のこむら返りにお悩みの患者さん

よく足がつるので、お困りの患者さんです。 左足の血管が浮き出ており、クネクネと曲がっています。   超音波検査では、クネクネと曲がっている血管(左大伏在静脈といいます)に逆流を認めました。   血液の逆流を止めるため、レーザー焼灼術を行いました。   術後1か月目写真です。 浮き出てクネクネ曲がっていた血管が目立たなくなりました。 治療後は足が全くつらなくなりま...

続きを読む

【治療経過】陰部静脈瘤の患者さん

両足のだるさ、こむら返りで長年お悩みの患者さんです。 両足の太ももの裏側に静脈瘤を認めました。 下肢静脈エコー検査では、大伏在静脈・小伏在静脈・副伏在静脈のいずれも逆流がありませんでした。 これは陰部静脈瘤と呼ばれるものです。 妊娠や出産を契機に発症し、足のだるさやむくみ、こむら返り、生理中の足の痛みなどが主な症状です。 大伏在・小伏在・副伏在静脈など、足の表在静脈には逆流はなく、 子宮や卵巣な...

続きを読む

【経過報告】両足のこむら返りに悩んでいた患者さん

両足のこむら返りにお悩みの患者さんです。 超音波検査では、両側大伏在静脈の逆流を認めたため、 レーザー焼灼術により静脈の逆流を止めました。   術後1か月後です。 両足のこむら返りは、すっかり改善しました。 術後の満足度アンケートで「非常に満足」との回答をいただきました。               下肢静脈瘤専門...

続きを読む

【治療経過】足のだるさと 見た目に悩んでいた患者さん

足のだるさと 足の見た目に悩んでいた患者さんの治療経過です。 左の膝からすねにかけて、静脈瘤が目立ちます。 左足のだるさがありました。 下肢静脈エコーでは、左の大伏在静脈に逆流を認めました。   レーザー焼灼術により静脈の逆流を止め、モコモコした静脈瘤は皮膚を小切開して切除しました。 術後1週間目の写真です。静脈瘤を切除した部分はアザとむくみがあります。   術後2か月...

続きを読む

【治療経過】陰部静脈瘤の患者さん

妊娠中にできた陰部静脈瘤により、日ごろから右足が重だるく、特に生理中は足が痛かったそうです。 最近は症状がひどくなり、お尻や腰の方まで痛みが拡がっていました。 右の太ももの裏側を走る静脈瘤を認めます。 これは陰部静脈瘤といいます。 通常の下肢静脈瘤とは異なり、大伏在静脈・小伏在静脈・副伏在静脈などに逆流はありません。 骨盤内の子宮や卵巣の静脈から発生した静脈瘤です。 したがって、レーザーや高周波...

続きを読む

【治療経過】なかなか湿疹が治らなかった患者さん

下肢静脈瘤にお悩みの方は 治療をすれば症状が改善するのか? 治療後に痛みは出ないだろうか? 合併症は起こらないだろうか? どのような経過をたどるのか?  など、様々なご心配をされていると思います。   そこで、当院で治療を受けられた患者さんの治療経過をお示ししたいと思います。 同じような症状でお悩みの方の参考になれば幸いです。 左足のすねの湿疹・かゆみがなかなか治らず当院を受診されまし...

続きを読む

カテゴリー