高尿酸血症 | 目黒外科

 Department診療科目

高尿酸血症Hyperuricemia

高尿酸血症とは?

私たちの体は日々、古くなった細胞が分解され、新たな細胞に入れ替わっています。
古くなった細胞が分解される際に出てくる物質が「プリン体」です。
プリン体は肝臓で分解されると「尿酸」という物質に変わります。
尿酸は約80%が体内で作られ、約20%はプリン体を含む食事に由来します。
尿酸は1日約700mg体内で作られますが、同じく700mgの尿酸が尿から排泄されることでバランスが取れています。
ところが、偏った飲食により体内で尿酸が過剰に作られたり、腎臓から尿への排泄が低下すると、血液中の尿酸値が高くなります。
この状態を「高尿酸血症」といいます。

尿酸値はいくつ以上になるといけないの?

血液検査で7.0mg/dl以上で高尿酸血症と診断されます。

尿酸が高いとなぜいけないの?

血液中の尿酸値が高いと、血液の中に溶けきらなかった尿酸が結晶をつくり、足の親指をはじめとする関節などにたまり、炎症を起こします。
これを「痛風発作」といいます。
「痛風」とは、「風が吹いただけでも痛い」という意味です。
痛風の他にも腎結石を発症することもあります。
さらに高尿酸血症の状態が長期にわたると、動脈硬化症や腎機能障害の原因となります。

治療

痛風発作を起こしてしまった時は、お薬によって急いで尿酸値を下げようとすると逆に痛みが悪化してしまいますので、まずは消炎鎮痛剤によって痛みが治まるのを待って、それから尿酸値を下げるお薬を飲みます。

日常生活で気を付ける事

①プリン体の多い食べ物に注意しましょう。
②短距離ダッシュや筋トレなどの激しい運動は尿酸値を上げやすいので、ジョギングや早歩きなどの有酸素運動の方がおすすめです。
③お酒の飲みすぎに注意しましょう。特にビールにはプリン体が多いので注意です。
尿酸値の高い方は、肥満、脂質異常症、糖尿病、高血圧症などのメタボリックシンドロームを合併していることが多いので、食生活や運動習慣など、日常生活の見直しがとても大切です。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝