下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤が起こる原因とその症状について

下肢静脈瘤とは? 足の血管がボコボコと浮き出ている状態を「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」といい、「瘤」は「こぶ」と読みます。すなわち「静脈瘤」=「こぶのように膨らんだ静脈」という意味です。…

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤には次のような4つの種類があります。 1. 伏在型静脈瘤 2. 側枝型静脈瘤 3. 網目状静脈瘤 4. クモの巣状静脈瘤 1.伏在型静脈瘤 足の静脈には皮膚の真下、皮下脂肪の層を…

陰部静脈瘤

陰部静脈瘤という特殊な静脈瘤をご紹介します。 陰部静脈瘤とは、股の付け根や太ももの裏側にできる静脈瘤です。 妊娠中にできることが多く、女性特有の静脈瘤といえます。 原因となる静脈の逆流発生部…

うっ滞性皮膚炎

治りにくい足の湿疹・かゆみ、皮膚潰瘍はうっ滞性皮膚炎を疑います。 うっ滞性皮膚炎とは 下肢静脈瘤や深部静脈血栓症など、足の静脈の血流が悪くなる病気(慢性静脈不全)の人は、老廃物を多く含む汚れた血液…

血栓性静脈炎と下肢静脈瘤の関連

下肢静脈瘤のある方は、ある日突然足が痛くなって赤く腫れたら血栓性静脈炎を疑いましょう。 血栓性静脈炎は、体の表面を走る表在静脈に血のかたまり(血栓)ができて、血栓ができた部分を中心に静脈の炎症が…

慢性静脈不全症

慢性静脈不全とは、足を流れる静脈の血流が悪くなり、血液が心臓へ戻りにくくなる病気です。以下の4つに分類されます。 A.静脈の閉塞 B.静脈の逆流 C.AとBの両方 D.不明 A.静脈の閉…

一次性静脈瘤と二次性静脈瘤

下肢静脈瘤とは 足の静脈が浮き出た状態を下肢静脈瘤といいます。 足の静脈は血液を心臓に戻すため、血液が重力で落下しないように逆流防止弁が備わっています。何らかの理由により、この逆流防止弁がきち…