下肢静脈瘤治療の流れ

下肢静脈瘤治療の流れ

Medical

下肢静脈瘤治療の流れMedical

治療の流れをご説明いたします。

  • ご予約

    01ご予約

    STEP01

    まずはお電話またはインターネットホームページよりご予約ください。

  • 初診

    02初診

    STEP02

    健康保険証をお持ちください。
    問診でお悩みの症状をお聞きします。続いて診察、超音波検査を行います。検査の結果はその場でご説明いたします。

    以上の結果を踏まえて、現状の評価と今後の治療方針についてご提案いたします。経過観察が可能であれば、日常生活の注意事項をご説明し、診察は終了となります。

    手術が必要と判断された方は、手術に関する詳しい説明をいたします。
    手術に同意された方は、血液検査と心電図検査を行います。手術のスケジュールを決定し、お帰りいただきます。

  • 手術当日

    03手術当日

    STEP03

    ご予約のお時間に来院していただきます。
    当日の体調をお伺いし、血圧・脈拍・体温の測定を行います。治療着にお着替えいただきます。
    点滴を行います。

    男性で必要のある方は剃毛を行うこともあります。
    おトイレをすませていただき、手術室に入ります。初めに立った状態で静脈の状態を観察し、マジックペンで印をつけます。続いて、ベッドに寝ていただきます。

    心電図などモニター類を装着し、血圧計を腕に巻きます。ご希望の方は鎮静剤でウトウト眠っていただきます。

  • ご予約

    04手術

    STEP04

    高周波カテーテルによる血管内治療を行います。
    片足あたりの治療時間は約10~15分が目安です。追加治療を組み合わせる場合は、その都度時間がかかります。

    足を消毒して、足に包帯を巻き、その上から弾性ストッキングを着用します。
    目が覚めたことを確認し、回復室に戻ります。1時間ほど回復室でお休みいただきます。

    しっかりと目が覚めていること、ガーゼから血がにじんでいないことなどを確認し、次回の診察予約を行いご自宅にお帰りいただきます。
    お一人でご来院された方で、電車やバスでお帰りになることが心配な方は、当院のビルを出たところがJR目黒駅のタクシー乗り場となっておりますので、ご安心ください。