-4ページ

クリニックブログ

Blog

今日の目黒は雪です

みなさんこんにちは。目黒外科院長の齋藤です。 本日ご覧の通り、都心は雪が降っています。 夕方から夜にかけては積雪の予報も出ております。 交通機関に乱れも出るかもしれません。 明日の朝、道路が凍結しなければ良いのですが。 天気予報をまめにチェックして早め早めの対応をしましょうね。   ...

続きを読む

下肢静脈瘤治療後のご感想・その1 50代・女性

「同じ症状の知り合いが居たら、こちらを受診するように薦めていきたいです」 目黒外科で治療を受けられた患者さんにご感想をいただきました。 下肢静脈瘤の症状でお悩みの方の参考になれば幸いです。   50代の女性の方です。 医師の対応・説明について・・・大変良い 看護師の対応・説明について・・・大変良い 受付の対応・説明について・・・大変良い 院内の雰囲気について・・・大変良い  ...

続きを読む

Q&A 授乳中でも静脈瘤の治療はできますか?

妊娠中~出産後の下肢静脈瘤にまつわる悩み 妊娠中は下肢静脈瘤が発生しやすく、また症状も強くなる傾向があります。 その理由として 母体を流れる血液量が増えるので静脈がふくらみやすい 女性ホルモンの影響で静脈が柔らかくなり太くなりやすい 大きくなった子宮が静脈を圧迫するので血液が渋滞して静脈が太くなる  などが考えられます。 出産経験者の約半数が下肢静脈瘤になるというデータがあります。  ...

続きを読む

目黒外科はママの味方!小さなお子様連れでも安心してお越し下さい

妊婦さんと下肢静脈瘤の関係 妊娠・出産は、立ち仕事・遺伝を並んで下肢静脈瘤の三大原因のひとつです。 出産を経験した女性の2人に1人は静脈瘤を発症するというデータがあります。 妊娠・出産と下肢静脈瘤の関係について、3つの原因が考えられます。 a.母体の血液量の増加 妊娠中は胎児を育てるため母体を流れる血液の量が40~50%増加するといわれています。そのため、全身の静脈はパンパンの状態となり、特に重...

続きを読む

膝の痛みが良くなる?下肢静脈瘤の珍しい症状

典型的な症状ではないため下肢静脈瘤とは関係ないと思われがちな、少数派の症状についてご紹介します。 下肢静脈瘤のよくある症状 下肢静脈瘤は、足の静脈にある逆流防止弁が閉じないため重力で落ちてきた血液が足にたまる病気です。 静脈血は動脈血とは異なり老廃物の多い血液のため、これが足にたまると様々な症状が出ます。 典型的な症状は、足のだるさ・むくみ・こむら返りです。ひどくなると皮膚炎をおこして湿疹・かゆみ...

続きを読む

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 ご縁をいただいた皆様、大変お世話になりました。 昨年より一人でも多くの方のお悩み解決に貢献し、縁ある方々を幸せにできるよう100%の全力投球します! 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。   平成30年元旦 目黒外科 齋藤 陽 ...

続きを読む

年末のご挨拶

平成29年の診療は本日で終了しました。 6月1日、何も分からない中で不安や恐れを小脇に抱えながら熱い想いで走り出した目黒外科です。 多くの方の支えによりなんとか年を越すことができました。ひとりで出来ることは本当に少ないのだと痛感した1年でした。だからこそ感謝です。 来年は1月4日から診療開始します。 ちっぽけなクリニックですが、喜んでくださる方がいっぱいいらっしゃいました。 ご縁のある人に喜んでい...

続きを読む

下肢静脈瘤はテレビでよく見かけるけれど多くの人に誤解されている

下肢静脈瘤はテレビでよく見かけるけれど、多くの人に誤解されている 下肢静脈瘤はテレビなどメディアでたくさん取り上げられるようになり、この病気の名前を知っているという方はだいぶ増えたと感じます。しかし、下肢静脈瘤のことを正確に理解しているかというと、必ずしもそうではありません。下肢静脈瘤は多くの方に誤解されていると感じることがいくつかあります。それは患者さんだけではなく、医療従事者であっても誤解して...

続きを読む

血管内焼灼術は安全で体への負担が少ない日帰り手術の主流の治療です

血管内焼灼術は安全で体への負担が少ない日帰り手術の主流の治療です 血管内焼灼術とは 下肢静脈瘤は逆流防止弁がダメになり血液が逆流し、老廃物を多く含む汚い血液が足に溜まることから様々な症状がでる病気です。したがって、静脈の逆流を止める必要があります。 血管内焼灼術は、逆流している静脈にカテーテルという細い管を挿入し、カテーテル先端から発する熱により静脈を焼いて閉塞させる治療方法です。 従来の手術...

続きを読む

ストリッピング手術は血管内焼灼術に下肢静脈瘤治療の主役を奪われた?

100 年以上の歴史を誇る下肢静脈瘤のスタンダード手術 現在では下肢静脈瘤手術の主流は血管内焼灼術に奪われる形となりましたが、それまでは 100 年以上にわたってその座を守り続けてきた正統派の手術術式です。 ストリッピング手術は、逆流防止弁がダメになって血液が逆流している静脈を「引き抜く」ことで血液の逆流を止める手術です。悪い静脈を直接撤去してしまうわけですから、静脈うっ滞の原因を根治すると...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 17

カテゴリー