下肢静脈瘤の診断前にすべき準備

下肢静脈瘤の診断前にすべき準備

目黒外科 院長 齋藤陽(あきら)

【記事執筆】
目黒外科 院長 齋藤陽(あきら)
日本外科学会 外科専門医
脈管専門医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医
詳しいプロフィール

Pocket

下肢静脈瘤の診断前にすべき準備とは

まずは下肢静脈瘤セルフチェックをやってみましょう

●太ももや膝の裏の毛細血管が目立つ
●足のすね・膝の裏やふくらはぎの血管が浮き出てきた
●寝ていると足がつる
●足が重くてだるい
●ふくらはぎから下がほてる
●夕方になると足がむくむ
●膝から下の湿疹・かゆみがある
●足のくるぶしの皮膚が茶色くなってきた
●足の皮膚が硬くなってきた
●両親のどちらかに下肢静脈瘤がある

2つ以上当てはまる場合、下肢静脈瘤の疑いがあります。

情報収集

患者さんから「どこの病院に行けばよいか、何科にかかればよいか分からなかった」というご意見をよく耳にします。

まずはどこの医療機関に行けばよいのか、情報収集しましょう。

一番信頼性の高い情報は、下肢静脈瘤の治療を受けた方からの口コミでしょう。

ご家族・ご友人・お知り合いで下肢静脈瘤の治療を受けた方がいらっしゃたら是非その医療機関はどうだったか質問してみましょう。

もし口コミ情報が得られない場合はインターネットのポータルサイトで口コミが掲載されていることがあります。

下肢静脈瘤の診療している診療科目は心臓血管外科、外科、消化器外科、形成外科、皮膚科、放射線科など多岐にわたります。

病院のホームページで診療内容に下肢静脈瘤と書いてあっても、ホームページが古い内容のまま更新されておらず、現在は診療できる医師がいないということもありますので、病院を受診する前に電話で問い合わせましょう。

<信頼できる医師に出会うためのポイント>

話をよく聞いてくれる

ご自身の体のことですので、些細な質問だと思っても、遠慮せず医師に質問しましょう。

説明に納得していないのに治療を受けてしまうと、術後経過が思わしくない場合トラブルになることがあります。

超音波検査で静脈の逆流していることを見せてくれる

受診した医療機関でやたらと手術を勧められ、説明に納得いかないので診てほしいと当院を受診される患者さんがいます。

「あなたの静脈は太さが4mmあります。これが下肢静脈瘤です。手術が必要です」

「静脈の太さが2mm以上あります。手術が必要です」

だいたいこのパターンです。改めて超音波検査を行うと、血液の逆流は認められません。

血液の逆流がなければ血管内焼灼術の必要はありません。

手術実績をホームページに載せている

もしホームページに手術実績の掲載がなければ、医師に質問してみましょう。

学会発表をしている

学会で治療結果を公表して第三者から評価を受けることは、治療のレベルを高める努力の姿勢を示すものです。

健康教室に参加してみましょう

毎月無料施説明会を開催している医療機関は多くあります。

参加してみて、医師の説明は分かりやすいか、人柄はどうか、スタッフの対応や院内の雰囲気はどうか、ご自身で確認するとよいと思います。

「下肢静脈瘤が進行すると足を切断しなければならない」とか「血栓ができて肺に飛んだら命が危ない」など、科学的根拠のない話をして患者さんの不安を煽るような医師はやめましょう。

Pocket