Blogブログ

2017.04.18 わかりやすい下肢静脈瘤の教科書

血管内焼灼術 手術の流れ

記事執筆Author

目黒外科 院長 齋藤 陽(あきら)

目黒外科 院長
齋藤 陽(あきら)

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医、指導医

詳しいプロフィール

前日夜9時以降はお食事はなさらないでください

手術2時間前までは水分摂取は可能です

<受付>

保険証と予約票を受付にお出しください

体調をお聞きします

体温・血圧・脈拍を測定します

お着替えをしていただき、手術室に移動します

<手術室>

足の静脈の走行をマジックで印をつけます

ベッドに横になります

血圧計を巻き、心電図モニターを装着

点滴をします

酸素マスクを装着し、酸素投与を開始します

鎮静剤を点滴します

足を消毒し、治療を開始します

一般的に、カテーテルによる血管内焼灼術のみですと、片足あたり10-15分で治療は終了します

ここで、足のボコボコした血管をきれいにする処置(静脈瘤切除術)を併せて行う場合、静脈瘤の大きさや広がりにもよりますが、15-30分程度追加となります。

手術が終わると、目が覚めたことを確認して回復室に移動します

<回復室>

回復室で30-60分程度お休みいただきます

<帰宅>

十分目が覚めていることを確認し、帰宅となります

<会計>

会計と次回の来院日の予約をしてご帰宅となります。

 

 

 

 

 

 

下肢静脈瘤専門クリニック 目黒外科。

院長の齋藤陽は下肢静脈瘤血管内焼灼術の指導医です。

JR山手線、東京メトロ南北線、東急目黒線、都営三田線 目黒駅から徒歩30秒。

目黒駅東口ロータリーに面したクリニックです。

駅前からのバスやタクシーのご利用にも便利です。

目黒駅前ですが、住所は品川区です。お間違えのないようご注意ください。

ご予約・お問い合わせcontact / reservation

tel:03-5420-8080

受付時間
9:00〜13:00、14:00〜18:00
休診日
水・土・日(隔週)・祝