-16ページ

クリニックブログ

Blog

下肢静脈瘤に関する誤解

巷で広まっている下肢静脈瘤に関する都市伝説 テレビや雑誌などで取り上げられることの多い下肢静脈瘤ですが、いまだに間違った情報がインプットされたままの方にお会いします。 今回は下肢静脈瘤に関する都市伝説をご紹介します。 その1.下肢静脈瘤はボコボコした血管を切れば治る。 下肢静脈瘤の診療をしていて、感じることがあります。 世の中の人々は下肢静脈瘤について、このように勘違いをされているのかと。 それは...

続きを読む

当院の下肢静脈瘤に対するこだわり 

下肢静脈瘤治療に特化した専門クリニック目黒外科は、下肢静脈瘤の治療にとことんこだわります。 その1 下肢静脈瘤治療のエキスパート 当院院長の齋藤は、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会より、 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施医および 指導医に認定されています。 豊富な経験、知識、確かな技術をもとに、安全と信頼を第一に考えた診療を行います。   その2 痛みが少ない 初めての手術。...

続きを読む

Q&A 足の色素沈着は、静脈瘤を治療すれば治るの?

下肢静脈瘤の症状に、皮膚の色素沈着があります。 この色素の正体は、血液中の「ヘモジデリン」という色素です。 大伏在静脈に逆流があると、血液がひざ下に渋滞します。 くるぶしの上が色素沈着しやすい場所です。 この色素沈着は、血液の渋滞を解消しても、なかなかきれいにすることはできません。 では、放っておくとどうなるかというと、自然によくなることはありませんが、 皮膚と皮下脂肪が硬くなることがあります...

続きを読む

弾性ストッキング

静脈の渋滞(うっ滞)を解消するためには 1.圧迫療法:渋滞している血液を圧迫により上に押し上げる 2.外科治療:逆流している静脈を閉塞または抜去して逆流をなくしてしまう     などの治療があります。 弾性ストッキングは、医療用に作られた靴下です。 普通の靴下と異なる点は、足にかかる圧力が強いことです。 弾性ストッキングには、足にかかる圧力の強さにより「弱圧」「中圧」「強圧」とに分かれます。 静脈...

続きを読む

高周波カテーテルによる治療

2014年6月より、下肢静脈瘤に対する 「高周波(ラジオ波)カテーテルによる血管内焼灼術」が保険適応となりました。 欧米ではこの治療方法が主流で、当院でも、この最新治療を行います。 スパゲティくらいの細いカテーテルを、治療する静脈の中に挿入します。 カテーテルの先端が120度となり、その熱により静脈が閉塞します。 ...

続きを読む

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状は、主にふくらはぎに起こります。 理由は、老廃物で汚れた静脈血が重力で落下して、膝から下にたまるからです。 朝起きた時には足のむくみは改善しています。 ペットボトルを横に倒すと分かりますが、寝ている間に血液が頭の方へ移動するからです。 朝起きて、座ったり立ち上がると、重力により血液が下に落ち始めます。 ですから、朝よりも夕方以降に症状が現れることが多いです。 足のこむら返りは、夜中...

続きを読む

Q&A 静脈を焼いても大丈夫なの?

下肢静脈瘤の病気の本質は、 静脈にある血液の逆流を防ぐ弁がダメになり、足に血がたまる(渋滞する)ことです。 足に静脈血がたまらないようにするためには、 交通渋滞の原因となる静脈を「通行止め」にしてしまうことです。 その方法には2通りあります。 ひとつは、熱やレーザーによってダメな静脈を焼いて閉塞させてしまう方法。 もう一つは、ダメな静脈を切って取り除いてしまう方法です。 方法は違えども、 「ダメ...

続きを読む

静脈血の交通整理の方法 

静脈血の渋滞を解消するもう一つの方法は、血液に交通整理することです。 どのような方法で交通整理を行うのか? それは、交通渋滞を引き起こしている静脈を通行止にするのです。 逆流防止弁の壊れたダメな静脈に血液が入り込んでしまうから、 入り込んだ血液が戻ってきてしまうのです。 一方通行のため進入禁止の道も、標識がなければ車は侵入してしまいます。 ですから、このダメな静脈に血液が入り込まないようにする事が...

続きを読む

日本人の10人に1人、出産経験のある女性の半数は下肢静脈瘤。

下肢静脈瘤は、40歳以上の女性に多く認められ、年齢とともに増加していきます。 男女比はおおよそ、男:女=3:7です。 日本人では15歳以上の男女の43%、30歳以上では62%もの人に静脈瘤が認められたとの報告もあります※1。 2005年の40歳以上を対象とした調査※2では、全体で8.6%(男性3.8%、女性11.3%)に認められ、患者数は1000万人以上と推定されます。 また、出産経験のある女性の...

続きを読む

静脈血の渋滞(うっ滞)を解消する方法 

静脈血の渋滞(うっ滞)をする方法は、大きく分けて2つです。 1.圧迫療法 2.手術療法 一つは、圧迫療法です。 静脈血が渋滞(うっ滞)している足を医療用のストッキングで圧迫する方法です。 医療用のストッキングは「弾性ストッキング」といい、通常のストッキングと比べて圧迫力が強いのが特徴です。 弾性ストッキングがふくらはぎを圧迫することで、渋滞している血液を上に押し上げる効果があります。 歯磨き粉や...

続きを読む

1 12 13 14 15 16 17

カテゴリー