Medical下肢静脈瘤のすべて

2018.01.15 下肢静脈瘤の診断について

信頼できる医師に出会うための6つのポイント

【下肢静脈瘤の診断前にすべき準備とは】 まずは、下肢静脈瘤セルフチェックをやってみましょう! □ 太ももや膝の裏の毛細血管が目立つ □ 足のすね・膝の裏やふくらはぎの血管が浮き出てきた □ 寝ていると足がつる □ 足が重くてだるい □ ふくらはぎから下がほてる □ 夕方になると足がむくむ □ 膝から下の湿疹・かゆみがある □ 足のくるぶしの皮膚が茶色くなってきた □ 足の皮

2017.12.14 下肢静脈瘤の診断について

下肢静脈瘤の治療費っていくらかかるの?

下肢静脈瘤の治療費 患者さんにとって、とても気になるけれど、なかなか聞きづらいのがお金、つまり治療費のことです。 いったい、下肢静脈瘤の治療をするのにいくらお金がかかるのか?とても気になりますよね。 そこで今回の記事では、下肢静脈瘤の診療にかかわる費用についてご説明します。 当院では下肢静脈瘤の診察・検査・治療はすべて保険診療で行っています。 健康保険による医療費

2017.12.14 下肢静脈瘤の診断について

下肢静脈瘤治療の流れ

下肢静脈瘤の治療を受けられる患者さんの、治療の流れについてご説明いたします。 <初診> 受付 健康保険証とお薬手帳をお持ちください。 問診表のご記入をお願いいたします 診察 まずは、どのような症状でお悩みか、お話を伺います。 そのあとでお着替えをしていただきます(診察しやすいように半ズボンをご用意してあります)。 視診・触診 足の状態を診察します。 検査 超音波検査を行い静脈

2017.12.14 下肢静脈瘤の診断について

下肢静脈瘤の診断が可能な病院・科目

最近はメディアで取り上げられるようになり「下肢静脈瘤」という言葉を聞いたことがあるという方は増えてきました。しかし、依然として患者さんから「どこの病院に行けばよいか、何科にかかればよいか分からなかった」というご意見をよく耳にします。 下肢静脈瘤の診療している診療科目は心臓血管外科、外科、消化器外科、形成外科、皮膚科、放射線科など多岐にわたります。ではこれらの診療科目がある病院なら下肢静脈瘤の治療