Medical下肢静脈瘤のすべて

2017.12.14 下肢静脈瘤コラム

下肢静脈瘤に関する誤解

下肢静脈瘤は多くの方に誤解されている 下肢静脈瘤はテレビなどメディアでたくさん取り上げられるようになり、この病気の名前を知っているという方はだいぶ増えたと感じます。しかし、下肢静脈瘤のことを正確に理解しているかというと、必ずしもそうではありません。下肢静脈瘤は多くの方に誤解されていると感じることがいくつかあります。それは患者さんだけではなく、医療従事者であっても誤解しています。 今回は下肢静脈

2017.12.14 下肢静脈瘤コラム

下肢静脈瘤になりやすい人・職業

下肢静脈瘤になる主な原因は以下の通りです。 1.立ち仕事(デスクワーク) 2.妊娠・出産 3.遺伝 4.加齢 5.肥満 6.便秘 7.性別 1.立ち仕事(デスクワーク) 調理師・美容師・警備員・クリーニング店など、同じ場所に長時間立ち続けるお仕事の方は、足の筋肉によるポンプ作用が働きません。足の静脈に血液が溜まるので静脈が太くなり、弁にも負担がかかるので弁が閉じなくなります。

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

一次性静脈瘤と二次性静脈瘤

下肢静脈瘤とは 足の静脈が浮き出た状態を下肢静脈瘤といいます。 足の静脈は血液を心臓に戻すため、血液が重力で落下しないように逆流防止弁が備わっています。何らかの理由により、この逆流防止弁がきちんと閉じなくなると、血液が逆流して血液の渋滞(うっ滞)がおこり、静脈の圧力が高くなります。すると静脈がパンパンに拡張し、クネクネと曲がり静脈瘤になっていくのです。 静脈を流れる血液には体から出た

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

慢性静脈不全症

慢性静脈不全とは、足を流れる静脈の血流が悪くなり、血液が心臓へ戻りにくくなる病気です。以下の4つに分類されます。 A.静脈の閉塞 B.静脈の逆流 C.AとBの両方 D.不明 A.静脈の閉塞 静脈閉塞の代表的な病気は深部静脈血栓症です。深部静脈は足の筋肉の中にあるため、体の深いところを走ります。 足を流れる血液の約90%は深部静脈を流れます。 この深部静脈に血栓(

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

血栓性静脈炎と下肢静脈瘤の関連

下肢静脈瘤のある方は、ある日突然足が痛くなって赤く腫れたら血栓性静脈炎を疑いましょう。 血栓性静脈炎は、体の表面を走る表在静脈に血のかたまり(血栓)ができて、血栓ができた部分を中心に静脈の炎症がおきる病気です。 下肢静脈瘤の方にしばしばみられる合併症です。 今回は、下肢静脈瘤と血栓性静脈炎の関連についてお話します。 <原因> 以下の3つの要素が重なると血栓ができやすくなります

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

うっ滞性皮膚炎

治りにくい足の湿疹・かゆみ、皮膚潰瘍はうっ滞性皮膚炎を疑います。 うっ滞性皮膚炎とは 下肢静脈瘤や深部静脈血栓症など、足の静脈の血流が悪くなる病気(慢性静脈不全)の人は、老廃物を多く含む汚れた血液が足に溜まってしまいます。これを静脈うっ滞といいます。 静脈うっ滞を長年にわたって放置してしまうと、足のむくみ、湿疹・かゆみ、色素沈着など皮膚症状を生じ、進行すると皮膚が硬くなり、最終的には皮膚

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

陰部静脈瘤

陰部静脈瘤という特殊な静脈瘤をご紹介します。 陰部静脈瘤とは、股の付け根や太ももの裏側にできる静脈瘤です。 妊娠中にできることが多く、女性特有の静脈瘤といえます。 原因となる静脈の逆流発生部位は、通常の下肢静脈瘤の場合は大(小)伏在静脈や副伏在静脈ですが、陰部静脈瘤の場合は子宮や卵巣など、骨盤内の静脈から発生します。よって、骨盤静脈瘤とも呼ばれます。 <原因> 妊娠中は赤ちゃ

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤には次のような4つの種類があります。 1. 伏在型静脈瘤 2. 側枝型静脈瘤 3. 網目状静脈瘤 4. クモの巣状静脈瘤 1.伏在型静脈瘤 足の静脈には皮膚の真下にある皮下脂肪の層を走る「表在静脈」と、その下にある筋肉の中を走る「深部静脈」があります。 例えるなら、表在静脈が地上を走る電車、深部静脈は地下鉄のようなものです。 下肢静脈瘤が発生するのは、地上を走る電

2017.12.14 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤が起こる原因とその症状について

下肢静脈瘤とは? 足の血管がボコボコと浮き出ている状態を「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」といい、「瘤」は「こぶ」と読みます。すなわち「静脈瘤」=「こぶのように膨らんだ静脈」という意味です。 当院の外来を訪れる患者さんの多くは足の血管が浮き出ています。では、この静脈瘤はいったい何者なのでしょうか? 静脈と下肢静脈瘤の関係 血液の流れは心臓から始まります。心臓から送り出された血液は

2017.12.11 写真で見る治療経過

【経過報告】足のこむら返りで夜眠れなかった2人の患者さんのケース

下肢静脈瘤の代表的な症状の一つが足のこむら返りです。 そこで今回は、こむら返りでお悩みの患者さん2人のケースをご紹介します。(本記事は患者さんの同意を得て記事を掲載しています) 毎日、長時間の立ち仕事をしているケース (Aさん/50代/男性) 調理師をなさっている患者さんのケースです。 毎日10時間近い立ち仕事で、お仕事中に足がだるくなる(特に左足)こと、ほぼ毎晩夜中に左足がつるた